本 ペ ー ジ は プ ロ モ ー シ ョ ン が 含 ま れ て い ま す

なが餅として地元から長く親しまれた名産品をご賞味してみませんか?

トレンド記事

読者の皆様へお尋ねします。三重県を旅行されたら、思い浮かべる物のイメージは、何でしょうか?

三重県:松阪牛、赤福餅、お伊勢さん(伊勢神宮:内宮、外宮)、夫婦岩、お陰参り(伊勢うどん)、鈴鹿サーキット、等多くの人に知られた観光地や物産品があります。

また、その地域以外の人が、知らない場所や物もあるかと思います。

今回は、三重県の物産品で、皆様がご存知なさそうな物産品を紹介します。

三 重 県 の 物 産 品:8 品 目 よ り

三重県は、多数の名産品を購入する販売店があり、読者の皆様に、参考になる情報を紹介します。

商号販 売 店電 話 番 号営業時間:am~pm
赤福餅株式会社赤福0120-081-3818:00~17:00
松坂牛通販:朝日屋059-226-29839:00~18:00
伊勢うどん通販:オフィス・ワン・ツウ・テン0596-21-456710:00~17:00
へんば餅へんばや0596-32-00978:00~17:00
なが餅笹井屋059-351-88008:30~18:30
お福餅御福餅本家0596-43-35009:00~17:00
平治煎餅平治煎餅本店059-225-32129:00~18:00
伊賀牛森脇商店0596-63-004610:30~17:00

 

な が 餅 が 発 祥 し た 由 来 に つ い て

天文19年(1550年)戦国時代の大名として知られた藤堂高虎公が、足軽として務めていた頃、この地域(勢州:日永の里)で、初代彦兵衛が、作り始めた餅を賞味し、その美味しさに感動して”武運のながい餅を食べるのは、幸先が、良いことだ!”と喜んだことが、なが餅の由来だそうです。

この餅の呼び名は、日永の餅、長餅、笹餅と様々な呼び方が、変わり、現在「なが餅」と呼ばれています。

また、こだわりの製造方法を使っていて、餡が北海道産小豆を独自の技術で焚き、餅は、厳選した国産のもち米を丹念に突き上げました。

な が 餅 の 味 わ い、カ ロ リ ー 表 示

なが餅の特徴として、普通にお餅は時間がたつほど固くなりますが、出来立てのお餅をそのまま密封した生菓子です。また、「なが餅」の1個当たりの栄養成分をまとめました。

栄 養 成 分 表 示(1 個 当 た り)
熱量(カロリー)タンパク質脂質炭水化物(糖質)食塩相当量
71kcal1.2g0.2g16.2g0.005g

 

な が 餅 を 販 売 し て い る 販 売 店

さて、「なが餅」は、どこで購入できるのか?読者の皆様が、最も知りたいことなので、まとめて紹介します。

販 売 店電 話 番 号ホ ー ム ペ ー ジ:U R L
笹井屋・本店059-351-8800詳細は、こちら
笹井屋・三ツ谷店059-332-3318上記と同じ
楽天市場(通販)050-5838-4333詳細は、こちら
AMAZON(通販)アプリから電話問合せ予約→011-330-3000又は022-745-6366から電話あり詳細は、こちら

 

Verified by MonsterInsights
タイトルとURLをコピーしました